鍼・お灸

東洋医学では「心身一如」といい、心と身体は一つ
鍼治療 であり切り離せない関係と考えます。
西洋医学は「部分的」に対して東洋医学は
「全体的」であるといえます。
要するに、心の状態と体の状態のバランスを大切
に考えているのです。そのバランスを整えるのに、
鍼とお灸を使って治療していきます。

具体的な効果として鎮痛効果、免疫力の向上、自律
神経のバランス、自然治癒力の向上、特に慢性的な
痛みや辛さに効果があります。



はりについて…


鍼種類 当院で行っているはり治療は、大きく分けて2種類
あります。
まず1つ目は、筋肉のこりが強い場合や痛みの強い
場合に行う解剖学的治療法です。

例えば腰痛・肩こり・足がつる等の時に、その部位
に関係のある筋肉や筋膜(筋肉の表面の膜)が硬く
なっているケースを多く見受けます。

この場合、硬くなっている所にめがけて「はり」を
刺入していきます。
そして低周波という微弱電流を流し筋肉のこりを
和らげます。

この時、針が皮膚を貫通し硬いところに到達した際に
比較的「ズ〜ン」といった重い刺激があります。
1本鍼

これは鍼灸の世界では、「ひびき」といいますが、
注射では分かりづらい「はり」独特の感覚といって
もいいかも知れません。

おそらく鍼治療を躊躇されるの大半の方は、表面的
な「チクッ」といった鋭い痛みを連想されると思い
ますが、実はその痛みは、あまりありません。

何故かといいますと、注射と違ってかなり細いという
ことと痛みの出づらい刺し方があるからなのです。

その後の低周波という微弱電流を体に流し、筋肉を
鍼 ピクッピクッと電気の流れる一定リズムで動かします。

「決して痛くありません!」人によっては気持ちが
良くなって寝てしまう方もいます。

整形外科や整骨院でも同じような機器を使いますが、 それとは、効果が明らかに違うと感じております。 なぜかと言いますと、動かしたい筋肉にはりを介してダイレクトに そしてピンポイントに動かすことができるからです。

この治療の特徴としましては、痛みやこりの緩和に対しての即効性が見込まれます。
鍼 ただし、刺激量が多すぎると次の日まで、もみ返しのような違和感が残る時があります。

初回は、あまり強くならない程度の刺激量で行い
たいと思っておりますが、あまり弱いと痛みや
こりの緩和に繋がりませんので、今までの経験で
判断させて頂きます。

ちなみにですが、はり治療を希望する方は、意外と
この鈍痛「ズ~ン」といった 刺激を求めている方も
いらっしゃいます。

鍼 この治療法は、体を酷使するお仕事の方や仕事中は長時間同じ姿勢の方、
スポーツをされる方にお勧めです。

私の経験では、一番早くこりを取ることが出来る治療法だと思っております。
こりが取れる科学的な根拠で考えられるのは、はりと電気による急激な
血行不良の改善ですが、それだけではないと思うぐらい取れますので、
その辺りは是非、経験して頂ければと思います。

「つぼ」ってなぁに?


お灸 「笑いのつぼにはまった」などと使われるこの「つぼ」という言葉が
ありますが、これはそもそも東洋医学から来ています。専門用語は
経穴(けいけつ)といいますが、身体表面上にある鍼灸治療では、
病気を診断するためにとても大切なポイントであり、同時に治療を
施すところでもあります。

この「つぼ」には、「気」というエネルギーが流れているという
概念があり、滞ってしまったらつぼに反応があると考えます。

この気の流れる通り道を経絡(けいらく)といいます。この通り道は
14ありまして例えば、肺経、胃経、肝経…といった名前がついております。

○○経の「経」とは、もともと縦糸(たていと)という意味があり、
整体室 そこから転じて「すじ」とか「道」という意味になり、そのうちに
「教え」という意味も含むようになったようです。

経は、「けい」とも読みますが「きょう」とも読みますよね。例えば、
般若心経、法華経、易経……。「経験」という言葉も、その人の
「個人の教え」という意味だと思います。

東洋医学が伝えるところでは、つまり、体には、肺経(肺の教え)や
胃経(胃の教え)などそれぞれの経絡が教えてくれるということです。

これは、連綿と祖先が、いや人類がつむいできた縦糸。この教えに
沿う限り体はいろいろな智慧を働かせてくれます。

自分ひとりの体験だけではない、祖先たちが体験しては克服してきた
智慧・工夫。そのエッセンスが、私達のひとりの体に備わっているのです。

はじめての方へ


道具台 鍼は、思った以上に細くしなやかだと思います。
注射のような痛みはありませんのでご安心下さい。
ただ、凝っている箇所に刺入していった際に、
たまに重痛い・痛だるいといった鍼独特の刺激を感じる事があります。
鍼の世界では”響き”と言いますが、
こういった刺激に不安を感じる方は一声かけて下さい。
ちなみに鍼はディスポーザブル(使い捨て)を使用しておりますので、
衛生面での心配はございません。
お灸は、火傷のない安全なものを使用しておりますので安心して下さい。
熱刺激量の感度には個人差がありますので、
その時によって調節いたします。

副作用はありませんが、
人によっては一時的なだるさ・立ちくらみ・湯あたりのような
症状(個人差があります)を伴う事がございます。
これは好転反応といって、
血流が良くなる事で代謝が促進されて起こる反応なので心配はいりません。





新しい住所地の為、拡大地図ですと反映されておりませんのでお気を付け下さい

川口市の鍼灸なら

ふうりんそう鍼灸院

〒333-0823
埼玉県川口市石神1144-1
埼玉高速鉄道『戸塚安行駅』徒歩20分

休診日/水曜日・日曜日

受付時間/ 9:00〜19:00

※午後は、訪問治療により、治療院
 を閉めていることがありますので
 まずは、お電話での確認をお願い
 致します。