院長ご挨拶

院長

はじめまして。院長の千葉です。
ふうりんそう鍼灸院のサイトを見て頂き
ありがとうございます。

まずは治療院の名前ですが、”ふうりんそう”
という花は別名、釣鐘草 (つりがねそう)
英名、カンパニュラと言います。

この名前なら聞いた事があるかも知れません。
この花の花言葉は、”感謝”

関わるすべての万物に感謝の気持ちを忘れない
ようにとこの名前を付けました。


島本さん

さて私は、鍼灸師という国家資格を取るための
東洋医学は勿論のこと、生理学や解剖学や
病理学等の基礎医学を学びました。

免許取得後、病院に就職し数年間現代医療に
携わってきました。
しかし、開業した今現在は、現代医療とは
どちらかというと対極した東洋医学(伝統医療)
の考え方を中心に治療を行っております。

先にお断りをしておきますが、この先のお話は
どっちの医療が良いのか悪いのかといったお話
ではなく、色々な見方があってもいいのでは…
というお話です。

牛山さん

では、まずは簡単に医療の特徴をお話致します。
まず何と言っても現代医学は「医学」=「科学」
です。

科学の言葉の語源からみても「分けて考える」
というのがベースとなっております。

ですので、まず心と体で分け、臓器で分け… 
最近では遺伝子レベルにまで進んでいます。

しかし気を付けなければいけないのは、総合病院
に行けばたくさんの○○科があり
細分化されていますが、特に総合的にみるという
ことではないので、場合によっては、
病院内をたらい回しにされる可能性があります。

一方の伝統医療はこれとは全くの対照的な考え方をします。体を分けるどころか、
その周りを取り巻くエネルギー体(見えない体)のようなものも一緒に考えています。

例えば、中国医学では、「気」。インドのアーユルヴェーダでは、「プラーナ」、
近代の西洋でもシュタイナー教育で有名なルドルフ・シュタイナーの「エーテル体」
「アストラル体」等…。たくさんありますので、割愛しますが、

こうした見えない体には、あなたが見たもの、食べたもの、聞いたこと、想像したこと、
言われたこと、したことされたこと、出会い別れなど…
今まで経験した事すべてがエネルギーとして折りたたまれているというのです。

私が勉強している伝統医学は、その見えない体を前提とし、積み重なるストレスや
ネガティブな思いなどによるエネルギーバランスの乱れを体のサインである
病気や痛みを元に、その人にとって何の意味があるのか、そして「その人らしく」を
追求していくものであります。その理解が進めば進むほど”自然治癒力”が湧いてくると
考えます。

理性や根拠、理論に基づく医療はきちんとお医者さんに任せれば間違いありません。
でも、カラダは、理性だけで成り立っているとは思えません。「あ〜幸せ〜」とか、
「何かイケてる!」のような感性を高める医療があってもいいと思います。

そして見えない体を含めたご自身に意識を向けるだけで、愛おしくなるような
新たな再発見がきっとあるはずです。




自分自身にいつも問いかけていること

@痛みや辛さを少しでも共感できるための傾聴ができているか
A患者さんの生活(社会)環境を理解するための傾聴ができているか
B苦痛や健康に対しての考えられるすべての情報と提案が提供できているか
C痛みが取れたあとのメンテナンスの指導はできているか
D金額に対しての倍以上の価値を与えられているか
Eいつも感謝の気持ちを忘れていないか







新しい住所地の為、拡大地図ですと反映されておりませんのでお気を付け下さい

川口市の鍼灸治療なら

ふうりんそう鍼灸院

〒333-0823
埼玉県川口市石神1144-1
埼玉高速鉄道『戸塚安行駅』徒歩20分

休診日/水曜日・日曜日

受付時間/ 9:00〜19:00

※午後は、訪問治療により、治療院
 を閉めていることがありますので
 まずは、お電話での確認をお願い
 致します。